キャットフードで対策を!

尿路結石を防ぐためには、1つには日頃から水分を多めに摂取させる事が必要です。とは言えなかなか飼い主の思い通りに行動してくれないのが猫です。もう少し簡単に尿路結石対策を行いたいですよね。ウェットタイプのキャットフードには水分が多く含まれています。そのため食事を通して猫に水分補給させる事が可能ですが、水分が多いために猫の口内に食べかすが残りやすくなります。これは歯石や口臭の原因になり、これまた悩みどころですね。また、ウェットタイプはドライタイプなどに比べ少し高額でもあります。

ウェットタイプのデメリットが気になって、ドライタイプやセミモイストタイプのキャットフードを購入する飼い主の方も多いと思います。ドライタイプ、またはセミモイストタイプのキャットフードを選ぶ場合には、ベリー系のフルーツなど「尿路の機能を正常に保つ成分を多く含む食品」が含まれているキャットフードを選ぶようにしましょう。そうする事で、水分の少ないキャットフードであっても腎臓機能を正常に保つ事ができるのです。

猫はタンパク質を多めに摂取しなければならない生き物ですから、必然的に排泄機能に負担がかかります。だからこそ飼い主が気を遣って、猫の排泄機能が正常に保たれ、健康に過ごせるようにしてあげたいものです。

参考資料≪シンプリー
クランベリーを配合した尿路結石対策キャットフードの通販サイトです。

投稿者について

管理者